挨拶

竿代照夫実行委員長   
 いよいよ第6回日本伝道会議の年となりました。
 日本宣教への熱い思いと広いビジョンを語り合い、祈リ合う素晴らしい機会です。主にある全国の愛兄姉のご参加をお待ち致します。
 特にこの会議では、テーブル毎のディスカッションに力を入れて、実のある交わりを持ちたいと願っていますので、早めのご登録をお願いいたします。
 神戸でお会いしましょう。

中台孝雄会長       
 第6回の日本伝道会議を神戸で、と決定してからあらためて、神戸の諸教会、諸先生方との交流を通して、神戸の地が日本のキリスト教会の歴史にとって重要な位置を占める都市であることを再確認しました。
 その神戸で、過去を、現在を、未来を見据えながら伝道会議を開催します。
 奮ってご参加くだざい。
 皆で次代につながる宣教を考え、実践に進みましょう!

大嶋博道開催地委員長 
 第6回日本伝道会議が神戸で開催されることになり、開催地としては早くから開催地委員会や事務局を起ち上げて、準備を進めてきました。
 伝道会議を契機に、神戸に「宣教協力のインフラ」が残るために、アナロギア6委員会を起ち上げ、精力的に活動を続けています。
 また、神戸を知るための種々の計画がなされています。
 来年9月に開催される第6回日本伝道会議のためにお祈りいただくと共に、ボランティアなどのご奉仕に参加くださることを心から願っております。

主講師紹介

講師 クリストファー・J・H・ライト博士
聖書、特に旧約聖書の宣教と倫理の説教者であり教育者、ランハムパートナーシップの国際総主事
1947年、宣教師を両親として北アイルランドのベルファストで生まれ、ケンブリッジ大学で神学を学び(博士号)、1977年に英国国教会の牧師となり、ケント州で牧会。1981年からインドの神学校で教え、5年後帰国しロンドンのオールネーション神学校で教務、続いて1993年から校長となる。創始者である先代のジョン・ストット師の招きによって、出版、奨学金、説教セミナーなどで世界の福音的教会と神学校に仕えるランハム・パートナーシップの国際総主事に2001年就任。ローザンヌ世界宣教運動の神学部門長(2005年-2011年)として2010年10月の第3回ローザンヌ世界宣教会議で主題講演をし、福音主義教会の宣教の理念と実践の基準を示す「ケープタウン決意表明」の主筆を務めた。著書は申命記、エゼキエル書の註解書、「神の宣教(邦訳あり)」、「神の民の宣教」、「旧約聖書の神の民の倫理」など多数。余暇にジョギング、ラグビー観戦を楽しみ、リズ夫人と共にロンドンに住む。4人の子ども、9人の孫。

プログラム





【プログラム内容の説明】
・オープニング:歓迎、主講師講演とその後の「コイノニア」によって主題講演の理解を深め、互いの交わりを持ち、
 翌日からの会議に備える。
・講演:さんびと短い証しの後、主講師がテーマにそって講演を行う。その後講演を受けて「コイノニア」をもつ。
・プロジェクト発表:JCE7に向かう目標と行動計画の発表。
・プロジェクトワークショップ:プロジェクト毎に分かれて、内容の理解を深め、取り組みと計画を論議する。
・昼食:世代別、地域別の交わりを持ちながらの昼食。
・分科会:各団体、開催地委員会、プロジェクトなどが自主的に開催する集会。
・28日午後に「神戸を知るツアー」が分科会の一つとして開催される。
・夜の一般公開プログラム
  ①青年宣教の集い
  ②世界宣教のタベ
  ③C.ライト氏講演会
  ④神戸スペシャル
 以上は参加者が自由に選んで出席できる。
・「国外での日本語宣教従事者」「国内での外国語宣教従事者」と「日本の教会」の接点を生み出すために、
 「同言語グループ」単位の交わりの場を29日の夕食の時間にもつ予定。
・会議終了後に、「在外日本語宣教従事者の集い」(9/30-10/1)と「青年大会」(10/1)が開催される。

問合せ先

日本伝道会議事務局
  Mail jce6-jim@jeanet.org
  Fax O3-6700-1598

登録・ツアー関係のお問い合わせ
  近畿ツーリスト株式会社トラベルサービスセンター東日本「第6回日本伝道会議」係
  営業時間(月)~(金)10:00~17:00 ※土・日・祝日はお休み
  Tel 0570-064-205
  Mail tourdesk128@or.knt.co.jp
  Fax 03-6730-3230

 ※教団単位等団体でお申し込みの場合は、近畿日本ツーリストに直接ご相談ください。
 ※夜の一般公開プログラムのみ参加される方は、事前にお申し込みいただく必要はありません。

Designed by CSS.Design Sample